2年目でもオンライン対応できない学会

 秋の学会シーズンが始まった。COVID-19の感染再拡大により、半年近く前からオンライン開催方式に決める学会もあり、コロナ禍も2年目ともなると対応も慣れたものである。そんな中、ある学会が「感染拡大により対面で開催できなければ中止。オンライン開催はしない」として準備を進めていた。中止の場合、要旨集を発行することで開催したことにする、いわゆる「見なし開催」になるとのことだった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)