業界こぼれ話

相次ぐ肺癌治療の承認で激変する治療方針

(2017.09.25 00:40)1pt
2017年09月25日号

 2017年5月、ファイザーの「ザーコリ」(クリゾチニブ)が「ROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌」に適応拡大。また、2年ほど前から臨床現場に登場した抗PD1抗体により治療の選択肢が増え、ここ数年で肺癌治療の方針が激変し、ガイドラインも改訂続きだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧