薬価の大幅な引き下げや研究開発費の高騰など製薬業界を取り巻く環境は厳しくなるばかり。今や外資系だけでなく、国内の大手製薬企業でも早期退職制度の募集は珍しくなくなった。注目は、会社側が退職金をどこまで割り増すか。少ないと応募者が集まらず、リストラは進まない。経営陣の危機感を的確に表す数値といえる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)