バイオ関連人材の流出相次ぐみずほ証券

 みずほ証券はここ数年、バイオベンチャーの新規株式上場(IPO)をリードしてきたと言っていいだろう。2017年のソレイジア・ファーマ、2018年のDelta-Fly Pharma、2019年のセルソース、2020年のモダリスは、いずれもみずほ証券が主幹事を務めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)