業界こぼれ話

日本での薬価は米国の10分の1

(2017.09.11 00:39)1pt
2017年09月11日号

 2017年8月、田辺三菱製薬は「ラジカヴァ」(エダラボン)が筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬として米国で承認されたと発表した。1回の薬剤費は1086ドル。ALS治療薬は、米国では20年ぶりの新薬となるため期待も大きく、同社も米国事業の中心となる製品としてかなりの売り上げを見込む。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧