ベンチャー企業の創業研究者は、成功すれば、上場で大きな利益を手にするなど業界の羨望の的となる。ただ、大学で教壇に立ち続ける創業研究者にとって、ベンチャーとアカデミアの間で板挟みになるジレンマも少なくないようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)