公取委のIPO価格調査でざわつく業界

 2021年8月前半、公正取引委員会が新規株式上場(IPO)時の資金調達に関して調査を開始したと日本経済新聞などが報じ、業界をざわつかせている。IPOする企業が証券会社などと決める公開価格と、公開初値との差が欧米よりも大きく、十分な資金を調達できていないとの指摘があるからだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)