先日、とある製薬企業が主催するイベントを取材した。アカデミアや異分野のスタートアップ企業の経営者を招き、既存の製薬にはとどまらない協業を目指すのがイベントの目的だ。創薬コストは高まる一方、薬価の継続的な引き下げも覚悟しなければならない経営環境にある。そうしたヒリヒリするような経営陣の問題意識から、オープンイノベ-ションの手法を採り入れようとしている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)