社長解任劇を乗り越えてIPOを実現

 6月下旬に東証マザーズの新規株式上場(IPO)が再開し、2020年のバイオベンチャー初の上場となったのがモダリスだ。代表取締役の森田晴彦氏はキリンビール(現協和キリン)出身で、バイオベンチャーを経験するのはこれで3社目。以前、別のバイオベンチャーの社長を務めていたが、取締役会で解任され、世界一周の放浪の旅を経てモダリスを起業した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)