業界注目の「内藤ジュニア」のプレゼン力

 エーザイがディー・エヌ・エーと共同開催した7月28日のオンライン記者会見。認知症予防に向けた生活改善支援アプリに関して両社が提携するという内容だったが、記者の目を特に引いたのは登壇者の話し方やプレゼンスキルだった。この日の会見でエーザイの将来的な構想を語ったのは、内藤景介執行役だった。景介氏は「ディメンシア トータルインクルーシブエコシステム事業部 プレジデント(兼)チーフデジタルオフィサー」という長い肩書を持つ。デジタル技術を応用して、認知症の課題を解決する事業などを統括している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)