先日、あるメーカーのベテラン研究者が、「最近、中堅や若手研究者が海外出張に行きたがらない」とぼやいているのを聞いた。その企業では、研究活動の刺激になればと、希望する中堅や若手の研究者に海外での学会や展示会に出張する機会を与えている。しかし最近は、自ら「行きたい」と手を挙げる積極的な研究者がほとんどいなくなってしまったというのだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)