増資を巡る、あるVCのひどい振る舞い

 「あのやり方はひどい」――。業界関係者は怒りを隠せない。



 2020年6月に資金調達したバイオベンチャーを巡り、とあるベンチャーキャピタル(VC)がひどい振る舞いをしたという。同ベンチャーは資金調達に向け、半年ほど前から動いていたが、同社のリードインベスターのVCが、保有株式を売却したいとの意向を示したのだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)