安倍元首相の死亡が業界に与える影響

 「日本は掛け替えのない人を失った。本当に残念だ」──。



 2022年7月8日、安倍元首相が演説中に銃で撃たれて死亡した事件を受け、元首相をよく知るある業界関係者は肩を落とす。安倍元首相は、20年以上前に自民党の社会部会長(現厚生労働部会長)を務めるなど厚労族だった一面を持ち、最近では日本医師会の横倉義武元会長と信頼関係を築くなど、首相在任中はもちろん、それ以降も、医療・ヘルスケア業界に少なくない影響を与えてきたという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)