アニサキスの感電殺虫法で救われない記者

 先日、魚を加熱も冷凍もせずに電気刺激することで寄生虫のアニサキスを死滅させる新技術が発表された。アニサキス感染症は、生きた虫体が胃壁や腸壁に潜り込もうとする際に激痛を起こす。虫体が息絶えるのを待つか、内視鏡で虫体を摘出するしか対処法がなく、殺虫による予防が重要になる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)