消費者庁は2019年7月4日、大正製薬やDR.C医薬、アイリスオーヤマ、玉川衛材の4社に対して景品表示法違反による措置命令を下した。いずれも光触媒が細菌やウイルス、花粉などを分解するため、これらが体内に吸入されることを防ぐ効果が得られると表示していたが、消費者庁は合理的な根拠が無いとして表示の取りやめを求めた。いわゆる「優良誤認の禁止」というものである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)