業界こぼれ話

光触媒マスク、大正製薬はどう説明する?

(2019.07.22 00:37)1pt
2019年07月22日号

 消費者庁は2019年7月4日、大正製薬やDR.C医薬、アイリスオーヤマ、玉川衛材の4社に対して景品表示法違反による措置命令を下した。いずれも光触媒が細菌やウイルス、花粉などを分解するため、これらが体内に吸入されることを防ぐ効果が得られると表示していたが、消費者庁は合理的な根拠が無いとして表示の取りやめを求めた。いわゆる「優良誤認の禁止」というものである。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧