「湘南アイパーク、入居企業から「食堂が高すぎ」の声」

 「料金が高過ぎて、すっかり食堂は利用しなくなった」──。



 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が拡大した2020年春以降、湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)に入居する複数の企業からこんな話を聞くようになった。湘南アイパークは、2018年4月、武田薬品工業が研究開発拠点の集約に伴って湘南研究所を開放したことで新設されたサイエンスパークだ。2021年6月時点で、製薬企業やベンチャー企業、ベンチャーキャピタル(VC)など88社、計2100人以上が入居している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)