国内スタートアップの上場に急ブレーキ

 バイオスタートアップの新規株式公開(IPO)に急ブレーキがかかっている。ウクライナ情勢の緊迫化や米国の金融引き締めなどの影響で市場環境が悪化し、海外同様、日本でも幅広い業種で新規上場する企業が減っている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)