化学や素材を中心とする製造業でバイオマスやバイオテクノロジーの活用が進みつつある状況を紹介しようと、「バイオエコノミーの衝撃」と題するセミナーを6月半ばに開催した。普段取り上げることの多い医薬品や医療分野の話題ではなかったが、化学、食品、機械、建設、商社、金融など、様々な業種の方に参加いただくことができた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)