多くの企業の決算説明会は、質疑応答を含めて1時間程度で終了するのが一般的だ。しかしニプロは毎回、説明と質疑応答を合わせてたっぷり2時間を設定している。うち、1時間半程度が、同社の5つの事業の事業説明に充てられる。ようやく全事業の説明が終了した後、決算の数値の説明を行うものの、時間に限りがあり、詳細な説明は資料に明記してあるということで、簡略化しながら説明するのが通例だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)