新型コロナの取材に頭悩ませる広報部

 感染状況からドメスティック・バイオレンスまで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する様々な情報が連日、報じられている。そのため関係する製薬企業や診断薬企業の広報担当部署には、平日か休日かにかかわらず、あらゆるメディアの記者から、取材の電話やメールがひっきりなしだという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)