ヘリオス、誤読しそうな開示にネットで批判

 ヘリオスの情報開示姿勢に対して、Twitterで注文が付けられ、鍵本忠尚社長がTwitterで応じるという一幕があった。ヘリオスは5月20日、脳梗塞急性期に対して細胞医薬HLCM051の臨床効果を検証する第2/3相のTREASURE試験について、主要評価項目が未達となったことを公表したが、その内容についてだ。HLCM051は、米Athersys社から導入した「MultiStem」で、他家骨髄由来幹細胞製剤である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)