2019年5月に開催された塩野義製薬の決算説明会で、注目を集めたのは、同社の抗インフルエンザ治療薬である「ゾフルーザ」(バロキサビル マルボキシル)への耐性株問題。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)