ペプチドリームは2017年5月8日、「当社研究開発プロジェクトに係る不明確な情報について」と題したリリースを発表した。これはある証券会社が発行したアナリストリポートが、米Bristol-Myers Squibb(BMS)社がWebサイト上で公開しているパイプライン表から、フェーズIに入っていた「Millamolecule」と呼ばれるタイプの化合物によるPD-L1阻害薬が消えたことから、「BMS社とペプチドリームとの共同研究機開発プロジェクトが中止された可能性がある」と指摘していたことを受けたものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)