サンバイオは、2019年1月、同社が外傷性脳損傷を対象に開発している他家細胞医薬(開発番号:SB623)についての記事が、CareNet.comというウェブ媒体に掲載されたと、自社のウェブサイトで紹介した。記事は、外傷性脳損傷を対象にした日米でのフェーズIIに関わる医師のインタビュー記事という体裁で、SB623のフェーズIIで有意差が出たことや、今回の結果が患者にとって非常に大きな改善であるといったことを紹介している。サンバイオは、同社のことを取り上げたテレビや新聞、雑誌、ウェブ媒体などを自社のウェブサイトで積極的に発信しており、IRの一環として、投資家の理解を深める狙いだと思われる。【編集部注】CareNet.comの当該記事は、2019年4月16日時点では、誰でも閲覧が可能だったが、編集部が2019年6月16日に改めて確認したところ、会員のみ閲覧できる設定になっていました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)