業界こぼれ話

AMEDにのしかかる成果目標の呪縛

(2017.04.10 00:39)1pt
2017年04月10日号

 日本医療研究開発機構(AMED)が進める医療分野の研究開発の“成果”が表れてきたようだ。2017年3月31日、AMEDは健康・医療戦略本部の創薬支援ネットワーク協議会に創薬支援ネットワークの活動状況などを説明。その席で、2件の企業への導出に成功したことが報告された。創薬支援ネットワークとは、大学や公的研究機関の研究成果から革新的新薬の創出を目指す、日本初の創薬支援制度。報告された企業への導出のうち、1件のシーズは癌免疫療法のアジュバントで、導出先の製薬企業は非公表。もう1件のシーズは抗体薬物複合体(ADC)で、導出先は、そのADCの研究者が設立したベンチャー企業だった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧