最後の手段は「抜き打ち検査」しかない?

 2021年2月、福井県あわら市のジェネリックメーカーである小林化工が福井県から医薬品医療機器等法(薬機法)に基づく行政処分を受けた。続いて3月には、大手ジェネリックメーカーである日医工が富山県から行政処分を受けた。「品質が命」の製薬企業で法令違反が相次ぐ事態に、大手製薬の社員などからは「考えられない事態」といった声も漏れる。ただ、コスト削減などの観点から製造の外部委託が広く行われる中、「他人事」で済ませることはできない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)