2008年に施行された血液製剤由来のC型肝炎患者救済のための特別措置法では、慢性C型肝炎の進行による肝硬変や肝癌患者に対して1人当たり4000万円、慢性C型肝炎患者には2000万円、無症候性キャリアには1200万円の給付金が支払われている。これは、血液製剤由来のC型肝炎の感染拡大について国の責任を認めたものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)