業界こぼれ話

田辺が細胞医薬の契約解消を求めるワケ

(2018.02.26 00:39)1pt
2018年02月26日号

 田辺三菱製薬は、2017年12月20日、韓国Kolon Life Science社から導入していた他家の細胞治療薬「Invossa」のライセンス契約を取り消す旨の申し入れを行い、それに関する交渉を開始したことを発表した。同ライセンス契約とは、2016年11月、田辺三菱がKolon社から、変形性膝関節症(OA)の症状改善を目的としたInvossaの国内での独占的開発・販売権を取得し、田辺三菱がKolon社に、契約一時金として25億円を支払うというものだ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧