研究成果に基づいて特許を取得し、医療機関向けに検査サービスを展開したり、医薬品や再生医療等製品を開発したりしているにもかかわらず、「気付いたら中国でやられていた……」という企業は少なくないらしい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)