先日、あるベンチャー企業の新規治療薬の研究開発に携わっている知り合いの医師と雑談したときのこと。最近、ベンチャー企業を立ち上げる若手の医師が増えているという話になった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)