2018年1月22日、京都大学はiPS細胞研究所(CiRA)の山水康平特定拠点助教が2017年2月に発表した論文のデータに捏造があったと発表。山中伸弥所長が謝罪する事態となった。この発表の思わぬ余波を受けたベンチャーがある。iHeart Japan(京都市左京区、角田健治代表取締役)だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)