子供の歯といえば、昔は下の乳歯が抜けると屋根の上へ、上の乳歯は縁の下へ投げて健やかな成長を願ったものである。しかし最近は、「我が子の成長の証しを大切にしたい」「我が子の一部だから捨てられない」と考える親が、乳歯を“保存”するそうだ。そうした親のために、乳歯を保存する専用の乳歯ケースが、1000円から5000円ほどで販売されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)