2019年に上場したバイオベンチャーは、ステムリムとセルソースの2社となったものの、ステムリムの公募価格大幅引き下げやファンペップの上場中止など、バイオベンチャー市場にとってネガティブな出来事も多かった。2020年のバイオベンチャー市場に、こうした出来事が与える影響には読み切れない部分があるものの、業界関係者からは「複数のバイオベンチャーが上場するのでは」との声が聞かれている。現状で、上場の有力候補に挙がっているのは、ベルギーPROMETHERA Biosciences社、ステラファーマ(大阪市中央区、浅野智之社長)、ペルセウスプロテオミクス(東京・目黒、横川拓哉代表取締役)の3社だ。【訂正】当初の記事で、五稜化薬の社名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)