業界こぼれ話

2018年のバイオIPO予想

(2018.01.15 00:39)1pt
2018年01月15日号

 新春恒例のバイオベンチャーの新規株式公開(IPO)予想である。2017年の国内の全市場におけるIPO社数は93社。2015年は95社、2016年は84社で、ほぼ平年並みと言えそうだ。ただ、バイオについては、2017年はソレイジアファーマの1社のみと、2016年に続いて1社だけと寂しい結果に終わった。本誌では、ソレイジアファーマを含む4社の上場可能性を予想していたが、東京証券取引所の審査の厳格化や、監査法人のマンパワー不足などの問題を受けた結果とみられる。現在、2018年の上場については2017年に上場を噂されていた企業に加えて、複数社の名前が挙がっている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

業界こぼれ話のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧