バイオINDEXは足踏み状態、グリーンぺプタイドが高騰

 11月下旬の日経BP・バイオINDEXは、11月上旬の大幅下落から若干は回復したものの、11月28日には394.30と、400付近で足踏み状態が続いている。そんな中、グリーンぺプタイドの株価が高騰している。11月14日には531円だった終値が、11月24日に833円、11月28日も774円を付けた。11月21日に、新たな開発パイプラインとして、癌抗原特異的再生T細胞を用いた癌免疫細胞療法の開発に参入すると発表したことが好材料となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)