ペプチドリームに対する空売りの影響は限定的

 日経BP・バイオINDEXは2019年10月下旬から11月上旬にかけて480台から490台の間で推移した。11月7日にやや大きく下落したが、その主な原因は株式時価総額の大きいペプチドリームの値下がりである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)