In The Market

日経BP・バイオINDEXは400から430のレンジで推移

(2018.07.23 00:41)1pt
2018年07月23日号
橋本宗明

 日経BP・バイオINDEXは7月2日から7月13日にかけて、400から430の間のレンジで推移した。



 ラクオリア創薬は7月6日、韓国CJ Healthcare社に導出済みの化合物tegoprazanについて、CJ社が韓国食品医薬品安全処(MFDS)から、胃食道逆流症治療薬として製造販売承認を取得し、マイルストーン達成に伴う一時金の受領が確定したと発表した。これを受けて、同社の株価は7月6日に一時ストップ高となった。なお、ラクオリアでは2018年の業績予想への影響については織り込み済みとしている。



 米MediciNova社も7月10日、MN-166の筋萎縮側性索硬化症(ALS)を適応とする臨床治験のサブグループ解析において、MN-116がALSの症状を改善する可能性を得たと発表し、同日ストップ高となった。



 逆に値を下げたのはオンコリスバイオファーマ。6月29日に、第三者割当により新株予約権2万2000個(潜在株式数220万株)を発行すると発表したところ、潜在株式数が上場株式数の2割近くに当たることから株式の希薄化が懸念され、7月2日にストップ安となった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧