In The Market

クリニカルシーケンスの保険適用化の報道を受け、DNAチップ研がストップ高

(2017.07.10 00:41)1pt
2017年07月10日号
山崎大作

【2017年12月14日訂正】当初掲載していた日経BP・バイオINDEXのグラフが誤っていたため、正しいものに差し替えました。お詫びして訂正します。



 6月27日、厚生労働省が2018年度中に癌のクリニカルシーケンスの保険適用化を目指すとする一部報道を受けて、関連銘柄が買われた。特に値を上げたのがDNAチップ研究所。EGFR遺伝子変異検出検査やマイクロアレイを用いた消化器癌の早期発見サービスを手掛ける同社は終値ベースで、6月26日の621円から連日ストップ高を付けて7月3日は1320円となった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧