テラに強制調査で株価急落

 国内バイオベンチャーの株価動向を表す日経BP・バイオINDEXは、2021年2月19日から3月8日にかけて、509.5から456.5まで下落した。対象企業44銘柄のうち値上がりは1銘柄にとどまった。長期金利の上昇や株価の過熱感などにより株式相場が全般的に低調で、その影響を受け全面安の展開となった。日経平均株価の下げ幅が4.2%だったのに対し、バイオINDEXは10.4%、マザーズ指数が10.2%と、新興企業への影響がより大きかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)