米ヘッジファンドが発行株式の5%超を取得したHMTが大幅続伸

 前期に引き続いて、期中、日経BP・バイオINDEXは390をまたいだ小幅な動きで推移した。ずるずると値を下げたのはペプチドリーム。2月13日の終値は5770円だったが、2月20日は5330円で引けた。ペプチドリームは2月14日に2017年6月期の第2四半期の決算を発表。期初に示していた目標に対する進捗の遅れが嫌われたとみられる。ただし2月20日に開催された第2四半期決算説明会で窪田規一社長は、「毎年年度後半に達成している」と強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)