2017年ノーベル化学賞受賞決定に寄せて 「溶液中の生体分子を高分解能で構造決定できるクライオ電子顕微鏡法の開発」

 本年のノーベル化学賞の栄誉は「溶液中の生体分子を高分解能で構造決定できるクライオ電子顕微鏡法の開発」に与えられた(文献1)。昨今、Nature誌やScience誌をはじめとする一流科学誌上で、かくも頻繁にクライオ電顕解析による生体分子の立体構造、とりわけ生理的に重要な生体超分子複合体の立体構造が報じられていることを鑑みれば、この受賞は当然といえる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)