バイオイメージング最前線(第14回)

蛋白質の細胞膜局在、履歴の痕跡を可視化

(2016.09.26 00:35)1pt
2016年09月26日号
菊地和也=博士(薬学) 大阪大学教授 大学院工学研究科生命先端工学専攻ケミカルバイオロジー領域/免疫学フロンティア研究センター

 近年の蛍光イメージング研究の発展の端緒を開いた研究論文として、1994年に発表された2報の緑色蛍光蛋白質(GFP)の生物応用論文が挙がる1,2。これらの論文は2008年のノーベル賞の受賞理由に含まれている。この時代、イメージング研究はまだ認知されておらず、可視化しても従来の生化学手法で得られた以外の情報は得られないだろう、大きな蛋白質を融合したり発現したりすることでアーティファクトを見ているだけではないか、等の懐疑的な指摘を多く耳にした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

バイオイメージング最前線のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧