精密ゲノム編集で同時多重遺伝子挿入

 ゲノム編集の技術開発者である筆者は、必ずしも「バイオイメージング」の「最前線」で研究開発を進めているとは言い難いが、縁あって本連載に寄稿する機会を得た。それはひとえに、本年8月にNature Communications誌にて発表したゲノム編集の新技術“LoADシステム”(後述)を応用した同時多重遺伝子挿入のアプリケーションが印象的だったからだろう。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)