超解像顕微鏡で長鎖ncRNAの機能解析

 2000年にヒトゲノム配列が決定されて以降、生物学はポストゲノム時代を迎え、そのゲノムがどのように活用されているかを明らかにする大規模なトランスクリプトーム解析が行われた。その結果、ヒトゲノム中で蛋白質情報をコードしている領域はたった2%に過ぎないが、ゲノムの70%以上の領域が転写されRNAを産生していること、こうしたRNAの大部分は、蛋白質をコードしない長鎖ノンコーディングRNA(lncRNA)であることが明らかとなった。現時点でヒトのlncRNAとして1万5900種類がアノテーションされているが、その他にアノテーションされていないRNAも多数存在しており、lncRNA遺伝子の総数は蛋白質遺伝子の数を大きく上回ることが予想されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)