バイオイメージング最前線(第30回)

超解像顕微鏡で長鎖ncRNAの機能解析

(2018.07.23 00:36)1pt
2018年07月23日号
廣瀬哲郎=北海道大学遺伝子病制御研究所教授  中川真一=北海道大学大学院薬学研究院教授

 2000年にヒトゲノム配列が決定されて以降、生物学はポストゲノム時代を迎え、そのゲノムがどのように活用されているかを明らかにする大規模なトランスクリプトーム解析が行われた。その結果、ヒトゲノム中で蛋白質情報をコードしている領域はたった2%に過ぎないが、ゲノムの70%以上の領域が転写されRNAを産生していること、こうしたRNAの大部分は、蛋白質をコードしない長鎖ノンコーディングRNA(lncRNA)であることが明らかとなった。現時点でヒトのlncRNAとして1万5900種類がアノテーションされているが、その他にアノテーションされていないRNAも多数存在しており、lncRNA遺伝子の総数は蛋白質遺伝子の数を大きく上回ることが予想されている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

バイオイメージング最前線のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧