バイオイメージング最前線(第36回)

ヒスタミン応答リボスイッチを人工細胞で稼働

(2019.07.22 00:34)1pt
2019年07月22日号
河田孝雄

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)核酸化学・工学ユニットの横林洋平准教授らと、大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻の松浦友亮准教授らは、ヒスタミンに応答する人工細胞を開発した成果を、米化学会のJACS誌にて2019年6月に論文発表した(PubMed記載:J Am Chem Soc. 2019 Jun 26.)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

バイオイメージング最前線のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧