バイオイメージング最前線(第21回)

細胞集団の配列と集積を定量化する

(2017.06.26 00:35)1pt
2017年06月26日号
川口喬吾=Harvard Medical School研究員、東京大学客員研究員

 現代の生物学・医学の研究は、イメージングや遺伝子改変などの技術の進歩に牽引されている。とりわけ顕微鏡技術は、これまでの蛍光・共焦点・二光子顕微鏡が改良されるばかりでなく、光シートや超解像の顕微鏡などが新ツールとして現れ、これまでにアクセスできなかった生きた多細胞生物の細胞レベルの長時間観察や、脳のように複雑な器官の構造解明など、わくわくするような進展が次々と出てきている。画像ばかりでなく、シーケンシング技術の発達により急速に膨大化したゲノムや一細胞レベルの遺伝子発現情報なども含めるなら、生物学・医学のあらゆる研究分野において、これからは大量のデータと何らかの形で付き合っていかなければいけないようである。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧