カーボンナノチューブで、褐色脂肪を近赤外光撮影

 脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞[1, 2]の2種類があり、さらに、その中間的な形態と機能を持つベージュ細胞[3, 4]がある。褐色脂肪細胞は、細胞質に多数の小さな脂肪滴とひだ状のクリステの発達した豊富なミトコンドリアを持ち、脂肪滴中の中性脂肪を燃焼して体熱の産生に寄与する[1, 5]。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)