2020年の米国バイオテク市場で急増した「SPAC」、上場への道として定着するか

 2020年はSPAC(スパック)が市場から大きく注目を受けた1年となった。SPACとはSpecial Purpose Acquisition Company(特別買収目的会社)の略で、別の会社や事業を買収することのみを目的とする会社である。SPAC自体は買収前には事業を持たず、空箱のようなものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)