植物のセルロースなどを原料とする第2世代バイオ燃料について、欧州連合(EU)が2030年の利用の数値目標を決めた。再生可能エネルギー全体の利用を促進する中で、様々な問題の指摘される第1世代バイオ燃料から第2世代への切り替えを後押しする方針だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)