World Trend米国

世界初のRNAi薬と米国初のAAV遺伝子治療が承認へ

(2017.11.20 00:38)1pt
2017年11月20日号
布施紳一郎=MPM Capital

 スイスNovartis社の抗CD19キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法である「Kymriah」が2017年8月末に世界で初めて承認されたのに続き、同じく抗CD19のCART療法である米Kite Pharma社(米Gilead Sciences社が2017年8月末に買収)の「Yescarta」が2017年10月18日に米食品医薬品局(FDA)の承認を得た。今年に入り2つのCART療法が発売となり、2017年は遺伝子細胞治療の新たな時代の幕開けとなったと言える。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧